LA在住のワーキングガール。最近すっかりヨガにはまりアーユルベーダも独学中。


by myyogiclife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
あっという間に2週間が過ぎてました。今年も1年が閃光のごとく過ぎています。あと3~4ヵ月後には、年末。恐ろしや、恐ろしや。。。042.gif

先週は日本から社長がLAにやって来ました。約2年ぶりのLAということで、もうちょっとマメに来なあかんな~と申しておりましたが。。。ほんと、2年もあっという間です。

で、今回は取引先とのミーティングがLAであり真面目に数時間はミーティング。その後は、あちらの会社の社長が所有するお馬ちゃん達に乗せてくれるということで、本日のメインイベントは実は乗馬だったりして。。。(この辺がいかにもLA流ビジネススタイル!?006.gif

まずは、チャイニーズレストランでしっかり腹ごしらえから。
d0160462_10595669.jpg


その後、お馬ちゃん達が生活しているranchへ移動。4人のカウガール+1匹。(写真左下に、チワワのTinyも整列!!見えるかな??)
d0160462_1123147.jpg


早速良い子ちゃんの馬に無事よじ登り。(実は脚立を使ってよじ登っているので、その部分はカット!笑)

d0160462_11253677.jpg

d0160462_11255847.jpg














結構背が高くてびっくり!なかなか良い眺めでしたが、写真撮影だけしてすぐ降ろしてもらい、今度は馬車に乗って街へ出発!

これには街の人達もびっくりで、車で行きかう人達は、指をさしてびっくりするする。。。このちょっとした注目の的も気持ちよく、近くのモールに到着。
d0160462_11122034.jpg


この馬車を引く馬というのは、馬車用にちゃんとトレーニングがされているそうで、本当におりこうさんなのです。ちゃんと交通ルールも守れるし、運転手(というのか??)のサインでちゃんとスピードアップしたり、徐行したりするんですねぇ。なんたって、街中の移動だったので、車にびっくりして突然暴れだしたりしないのか???なんて当初の心配はよそに、無事にranchに帰ってこれました。

馬車を降りて、お馬ちゃんを触ってみたら、しっとり汗をかいてるんです!あ~、お疲れ様だったねぇ。となでなでしてあげました。ほんと、いい子ちゃんでした。昔の人は、こうして何千マイルも馬車に乗って移動していたんだな。。。と思うと、なんだかちょっと残酷な気もしたり。馬に触れると、なんだか心が落ち着きます。癒される感じというのかな?とっても優しい目をしてるんですねぇ。まるで、人間の心の中をみ~んな読んでいるかのようです。

さて、日も暮れて少しは馬に慣れてきたかな?ってところで、もう一度最後に乗せてもらいました。ここでは、弓を引いて(いるポーズ!笑)みましたが、最初に乗った時よりはかなりリラックスした雰囲気??

d0160462_11192617.jpg


馬にこうして触れるのは、実は今回は生まれて初めての経験でした。乗馬をする人から、落馬したときの話なんかも聞いたことがあって、死ぬ思いをしながらもまだ馬に乗る人の気が知れないと思っていましたが、なんだか馬の魅力も分かるような気がした1日でした。(え?でも落馬するほどは乗りたくならなかったけどね。。。)
[PR]
# by myyogiclife | 2010-08-18 11:31

ココナッツ

最近食の話題ばかりのようですが、それだけ食欲が旺盛だということで。。。

さて、今日の課題はココナッツ!ココナッツの実からジュースと果実の取り出しに挑戦です。最近季節のせいか、WholeFoodsでもココナッツセクションが心なしか多いような。

まずは、1個$1.99でココナッツをゲット!注)99Ranch Marketだと10個くらいで$12とからしいです。
d0160462_12204461.jpg


家に持ち帰ってみたものの、実はココナッツというものがどんな構造になっているのもか分かっていなかった無知な私。早速YouTubeでココナッツの割り方を検索。いくつか見ているうちに、なんとなくコツを掴めた気になって早速トライ!

まずは、この白い繊維の部分(円錐型になっている上の部分から)包丁で繊維を切り落として行きます。何度かやっているうちに、ココナッツの殻に到達。ここからが問題です。なんといっても私の細腕。(え?066.gif)包丁で何度かたたいてみても、びくともしない!さっきのYouTubeでデモをしていたタイ人のお姉ちゃんは、いとも簡単に包丁の裏で叩き割っていたのに。。。

ココナッツの殻の頂上のところから、3本の継ぎ目とでもいうのか、線があるのでそれに沿って包丁を入れるとか色んな説明があったけど、包丁の先が割れて飛んでくるんじゃないのか??ってなくらいなバカ力でyってもビクともしない。もう最後はどうにでもなれとばかりに、ココナッツの頭を横に倒しておいて、包丁を思い切り上からたたきつけながらココナッツを回していく作戦で。(かなり原始的。。。)

そしたら、ポッコリいい具合に穴が開きましたぁあああ!そして、早速ジュースの取り出しに成功。約コップ1杯分のココナッツジュースが取れます。

d0160462_12355195.jpg


その後は、スプーンで殻の中の果実をはがし取ります。こちらもカップ1杯分くらい取れました。

d0160462_12374158.jpg


かつて、ジャマイカに学生時代旅行して、食中毒になった時にドクターの勧めでマーケット(道端)で売っていたココナッツを割ってもらって飲んだ時には、ありえないまずさだ!と記憶していたのに、今ではとっても美味しく感じるのです。私の味覚もどんどん進化しています。

ココナッツジュースは体液にかなり近い成分が含まれていて、普通のスポーツドリンクに比較して、圧倒的にポタシウムと電解質が多いとか。また、糖分、塩分ともに低く、カロリーも低いので、アメリカのあま~いスポーツドリンクより絶対お勧め。また、ココナッツジュースは肝臓のクレンジングにも役立ち、二日酔いの解消、ストレスの軽減やメンタルの部分でも思考をクリアにしてくれる等など、まさに魔法のお水発展途上国では、点滴にも使われるそうです。なんと有益なんでしょう~!

椰子の木はサンスクリッド語ではkalpa vriksha - ”生活に必要な全てを提供してくれる木”と言われるそうですが、その名の通り椰子の木は全ての部位が何かしらに使えるという一切無駄の出ない、まさにエコな木とも言えます。そして、その実は熟成までに約1年という長い歳月がかかりますが、1本の木は1年に13回も開花するので、年中通して収穫が可能だそうです。

ココナッツジュースは、ビンや缶に入った状態のものも売られていますが、やはりフレッシュジュースにかなうものはなし!一度、ジュースが空気にさらされた時点から、次第に栄養成分は損なわれてしまいますからね。今回汗だくで042.gifココナッツ割りに成功!次なる挑戦は何ぞや??
[PR]
# by myyogiclife | 2010-08-01 13:59 | Food
実は1ヶ月ほど前に、膝の筋を違えてしまいました。ヨガのクラスで、しかも最後のストレッチの時に!ハーフロータスで前屈をしたら、ありえないような”パーン”という音を立てて膝の筋をやってしまったのです。冗談でしょ?と一瞬思い、何が起ったのか頭の中で整理が付かず。後で先生に聞いたら、靭帯を痛めてしまったのでは?と言われ、靭帯は回復にかなり時間かかるよ。。。と。ショック!007.gif

本日、金曜は夕方からアシュタンガの日。この膝のお陰でできないポーズは満載。(ぐやじぃ~)それでもここ1ヶ月の間に自分の膝の状態に合わせてポーズを変えたりしながら練習できるようになってきました。エゴを捨てるということは、最初は難しかったけど、慣れてくるとそんなに難しいことではなくなりつつ。最初は足を組むこともできないくらいだったけど、最近はゆっくり気をつけながら足も組めるようになってきたし。。。少しづつ回復かな??049.gif

それなのに、それなのに、今週初めに取ったアイヤンガーのクラスで、私の苦手な開脚やりすぎ!!さらにトライアングルポーズの時に、今度は内腿を伸ばしてしまい、”あ!”008.gifと思った瞬間があったのです。ま、それも特に大事には至らずだったけど、その後なんとなく違和感は残り。。。それもすっかり忘れて、今日のアシュタンガでまたトライアングルポーズをしたら、今日はやってしまいました。完全に。。。 ピキーっと!

その後は内腿が硬直して痛みを伴う羽目に。すでに兆候があったのに、ちゃんと体をかばえなかった。。。

昨日からたまたま読み始めた本に、とても興味深いことが書いてあったのです。シャーリーマックレーンのOut on a Limbという本の日本語版です。何故か今年の春、友達の引越し騒ぎの後うちにやって来た本でした。昨日急に読み出したのですが、その一節にこんなことが書いてありました。

”体を敬いなさい。体はそれに応えてくれるでしょう。体をゆっくりと動かしなさい。体を驚かせてはいけません。伸ばす時には、筋肉を暖めてやらなくてはいけません。筋肉に不意打ちをくらわしてはいけませんよ。筋肉も人間と同じですからね。準備が必要です。それでないとびっくりしてしまい、緊張してしまいますよ。相手のペースを尊重してやらなければいけません。新しい領地に慎重に進んでいくことを想像してごらんなさい。賢い人間だったら、ゆっくり、ゆっくり進むでしょう。曲がり角の向こうに何が待ちぶせているかわかりませんからね。ゆっくり行けば、先に何が待っているかが感じ取れますからね。ヨガをすることは自分を大切にすることです。なぜなら、ヨガを通して自分に触れることができるからです。人間の奥深くには平安がある。その平安を見つけて、平和に生きることを学びなさい。それはきっとすばらしいことですよ。
ヨガには4つの取組姿勢が必要です。信頼、決意、忍耐、愛です。人生と同じです。この世を誠実に生き抜けば、次の人生はもっともっと楽になるでしょう”


あんなに肝に銘じてクラスに行ったつもりだったのに、一瞬の気の緩みでまた体を痛めてしまいました。最近は怪我連発です。。。何かヨガに対する姿勢が間違っているのかも。と考えさせられました。体の声をきちんと聞けなくなっていたのかもしれません。みんなができるから、私もできるはずと、自分の限界を無視して自分自身にムチ打っていたのかな?と。。。エゴを捨てて、自分の体の状態を確認しながら練習しないと。と自分に言い聞かせたのであります。
[PR]
# by myyogiclife | 2010-07-24 17:55 | Yoga

Spinach Risotto

今日は仕事も休みだったので、1日のんびり~。朝はアイヤンガーヨガのクラスを取り、自分の肩甲骨付近の柔軟性の無さと格闘。先生曰く、何故に人はヨガを続けられないかというと、自分と向き合えなくなってしまった時に次第につらくなって辞めていくんだと。。。なんとなく分かるような。なんでこの部分がこんなに動かないんだ??と自分に失望してしまうくらい体が動かない部分ってのがあるのです。そのできない自分と向き合わないといけないという現実。これ結構辛いものがあります。

ま、今日はそんな自分と向き合った1時間半の後、食材を買いにTrader Joe'sWholeFoodsをハシゴ!今日はなんだかちょっと料理をしたい気分だったので、ついつい食材を買い込んでしまい、エンゲル係数高すぎ。。042.gif

今年の誕生日に同僚にリクエストして送ってもらったベジタリアンクッキングの本があります。
d0160462_15172428.jpg


もともとは私のアーユルベーダの師匠(と勝手に読んでる)に教えてもらった本なのですが、私のような時間のない(料理にあまり興味のない人)でも簡単に作れるレシピが満載。写真も付いていてとっても美味しそうなのであります。今日はこの本から何か美味しそうなものを作りたいな~ということで。

この本の著者はオーストラリア人のKurma Dasa氏。Kurma氏はバクティヨガ(親愛のヨガ)の創設者ACバクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダを師と仰ぎ、彼の元で料理を学びました。(ちなみに、このスワミどっかで見たことあるし。。。と思っていたら、なんと!LAのクリシュナテンプルに銅像がありました。我が師に以前連れて行ってもらったことがあったぞ!みたいな。で、この銅像があまりに本物のようで、”あ~あの人完全に瞑想状態入ってるわ~” と思っていたら、銅像だったという!012.gif恥ずかしい。。。)

Dasa氏によると、クッキングは愛と奉献だそうです。ん~、確かに。。。そして、バクティヨガ的には、信仰神のクリシュナ神にまず作った料理を捧げるので、料理の最中に味見もつまみ食いもX。

d0160462_15111262.jpg
 
師の家にあったクリシュナ神の像。今更ながら、こんなところからもつながってる~とびっくり!!

と、まあ前置きがすっかり長くなりましたが、今日の私のクッキング。途中で散々味見しましたし、WholeFoodsのパルメザンチーズがやばい!美味しすぎて、つまみ食いは止まらず。。。結果、クリシュナ神へ料理を捧げるようなことにはなりませんでしたが、美味しいものをいただくと幸せな気分になります。

d0160462_1522182.jpg


美味しそうに撮れているかは??ですが、味はかなりGOOD!!でした。ん~、こんな美味しいものを一人でいただいていいのだろうか??

そして、食後にはワシントン州のレイニアーチェリー!!これも最近産地から入手したばかり!今はチェリーの季節です。これがまた甘くて美味しいのであります。しかも、普通のチェリーの2倍あるんじゃないか?ってくらいな肉厚ぶり!
d0160462_15251166.jpg
 注)ちなみにこのボウルに入ってるの全部は一度で食べてませんよ。さすがに粒が大きいので3つもいただいたら、さすがの私も充分です。

ん~、すっかり満足!!053.gif おなかが満たされると心まで満たされた気分です。手間をかけて愛情込めて作った料理っていいものだなぁとつくづく思ったのです。やっぱり口に入れるものは大事です。
[PR]
# by myyogiclife | 2010-07-21 15:56 | Food

Tanabata Festival 2010

こ1ヶ月ほど準備に追われていた七夕フェスティバルが、7月7日(水)の夜にLA Convention Centerで執り行われ、無事に終了となりました。みんなイベントの企画なんてやったことのない人ばかりが集まって、紆余曲折あり、途中もう駄目だ~007.gifと一瞬なったときもあったけど、絶妙のタイミングでイベントコーディネーターという救世主が現れ、なんとか無事当日を迎えることができました。

特に最後の2~3週間は本当に怒涛のような毎日で、お陰でヨガも週に3~4回がやっと。。。みんながそれぞれ自分のできるエリアを担当しつつ、夜中までのスタッフミーティングを何度となく体験し、”まるで学園祭の準備を思い出すようだ!!”なんてもうそれ何十年前の話?みたいな人達が(私も含めて)目をキラキラさせて七夕の飾りを作ったりしてきました。もちろん色んなドラマもあったけど、この経験を通して、スタッフの絆がとても強くなったことは確か。それが一番の財産だったのではないかと思うのであります。

d0160462_1210938.jpg


さて、この(お騒がせ)七夕イベント、何の目的かというと、2012年を目前に地球に起りうる危機的な問題や災害をなんとか防ごうということで、みんなで地球のこと、私達の明るい未来に対して祈りを捧げましょうという、感謝と愛053.gif、そして癒しに満ちたイベントがメインの趣旨。Save the Planet Event Group(と勝手に私達が銘銘)が結成され、そしてわずか1ヶ月弱ですべてを取り仕切ったという、まさに無謀なイベントだったのです。

平日のLAダウンタウンに誰が来てくれるのか??とみんなドキドキで迎えた当日は、思った以上に沢山の方に来場していただき、日本人以外の方の参加も多くありました。沢山のボランティアとボランティアパフォーマーがステージでパフォーマンスを繰り広げました。かなり質の高いパフォーマーが揃ってくれて、大満足! 北カリフォルニアからは、Angelikaさんというミュージシャンも駆けつけてくれて、彼女の天使のような032.gif歌声で会場はしばし癒しのエネルギーに包まれました。

d0160462_128843.jpg

やっと、これでスタッフそれぞれが日常の生活に戻れるわけですが、このイベント作りを通して学んだこと、ここで体験した愛、感謝のエネルギーは地球にだけ向けられたものではありません。一緒にイベントを作ってきたボランティアのスタッフ達や当日会場に来てくださったゲストの方への愛と感謝から、次第に地球人類全体に向けた愛と感謝に広がって、最後は地球全体を包んでくれる大きな優しいエネルギーになるでしょう。

私はやっと今日からなんとなく日常に戻りつつです。またしばらくヨガに集中します。。。
[PR]
# by myyogiclife | 2010-07-10 12:00